スター相続相談所

日本行政書士会 登録番号:17101216
東京都行政書士会 会員番号:12288

 お電話でのお問合せはこちら(年中対応)                         
042-307-3807
受付時間
 9:00~21:00
定休日
土日祝(事前予約があれば対応可)

〒206-0011 

東京都多摩市関戸3−6−14−202

友だち追加をクリックでLINEでもお問い合わせができます

友だち追加

死亡届の書き方と提出:死亡後手続き7日以内

トップページ ▶︎ 死亡後手続き一覧表 ▶︎ 死亡後7日以内に行う手続き ▶︎ 死亡届の書き方と提出

↑クリックして拡大
死亡診断書と死亡届は一枚の用紙に収っています

医師から死亡診断書・死体検案書を受け取った後は市区町村役場に死亡届を提出します。

死亡届は提出をしないと火葬をすることができない書類となっております。

ここでは、死亡届の書き方と提出についての注意点について説明します。

また、八王子市、日野市、昭島市で死亡届を提出する場合のお問い合わせ先や窓口についても説明させていただきますのでご参照ください。

すること

死亡届の提出

提出期限 死亡の事実を知った時から7日以内
届出先 被相続人(亡くなった方)の本籍地または死亡地、届出人の住所地・所在地の市区町村役場
届出人 同居の親族、同居人など
必要なもの

死亡診断書または死体検案書

届出人の印鑑

届出人の身分証明書

備考

火葬許可申請書も同時に提出しましょう

提出先

死亡診断書の提出先は、お亡くなりになられた方(被相続人)の本籍地・死亡地または届出人の住所地・所在地の市区町村役場になります。

八王子市の提出先・・・八王子市役所 市民部市民課(戸籍担当)電話:042-620-7233

日野市の提出先・・・・日野市役所  市民部市民窓口課(戸籍担当)電話:042-514-8219

昭島市の提出先・・・・昭島市役所  市民部市民課(戸籍係) 電話:042-544-4121

亡くなった方の住所地の役場には提出できません

死亡届の提出先

提出の際に注意点があります。

お亡くなりになられた方の本籍地と死亡地の市区町村役場に死亡届は提出できますが、住所地の市区町村役場には提出することができませんので、住所地とは遠方の病院でお亡くなりになられた場合は注意が必要です。

例えば、亡くなった方の本籍地が八王子市、住所地が昭島市、死亡地が日野市の場合だと、本籍地の八王子市と死亡地の日野市に死亡届の提出ができますが、住所地の昭島市には提出できないということになります。

提出期限

死亡届の提出期限は、届出人が死亡の事実を知った日から7日以内と法律で決まっております。

国外で死亡した時は、その死亡の事実を知った日から3ヶ月以内と緩和措置が取られています。

また、死亡届は火葬許可申請書を提出する際にも、必ず必要な書類となりますので覚えておきましょう。

提出が遅れてしまった場合は

遅れた場合

死亡届の提出期限が過ぎてしまった場合でも、もちろん提出は可能です。

しかし、このような場合は死亡届の提出が遅れてしまった理由書などを出さなくてはいけないなど色々と面倒なことになります。

死亡届を提出しないと火葬許可を受けられないので、医師から死亡診断書・死体検案書を受け取ったらすぐに死亡届を提出するようにしましょう。

届出人

死亡届の届出人は1、同居の親族、2、同居をしていない親族、同居者、3、家主、地主、家屋管理人、土地管理人の順位で提出することになります。

提出する順位が決まっておりますが、順位に関わらず届出をしても大丈夫です。

後見人

成年後見人なども死亡届を提出できます

小難しい話になりますが、成年後見人や保佐人、補助人、任意後見人なども上記の届出人の順位に入っていませんが、死亡届の提出をすることができます。

以前は、上記の順位の者にしか死亡届の提出はできませんでした。

しかし、身寄りのない方などは後見人などをたてている場合もあります。

そのような場合で、身寄りのない方がお亡くなりになられた時に、後見人が死亡届を提出したところ、上記順位に後見人は定められていないので役所の窓口で適当な対応をしてくれなかったことがあったそうです。

そのような経緯があり戸籍法が改正され、

「死亡の届出は、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人および任意後見人も、これをすることができる」(戸籍法87条2項)と定められました。

持ち物

印鑑

届出人の認印をお忘れなく

死亡届の提出の際には、死亡診断書(死体検案書)、届出人の印鑑が必要となりますので忘れないようにしましょう。

 

死亡診断書の書き方

死亡届の書き方見本

死亡診断書(死体検案書)の左側の部分になります。

死亡届は死亡診断書はA3の同一の用紙に収っております。

死亡届(1)〜(7)に関してはお亡くなりになられた方の氏名や生年月日、ご逝去日、本籍、住所などを記載します。

(8)、(9)はお亡くなりになられた方に配偶者(夫や妻)に関しての項目で当てはまるものにチェックをします。

(10)も当てはまるものにチェックをしましょう。

(11)に関しては、国勢調査があった年の4月1日〜翌年の3月31日までに届出をする場合に、故人の生前の職業や産業を記入します。

最後に、一番下の届出人の情報を記入、認め印で押印をして提出をします。

死亡届を提出すると

死亡届を提出すると

死亡届を提出することにより戸籍の抹消(除籍になります)と住民票の抹消(除票になります)されます。

除籍や除票は遺産相続の手続や遺族年金等の請求に必ず使用する書類となります。

しかし、死亡届の提出したばかりでの段階では、すぐに住民票や戸籍に反映されませんので、1週間ほど経って取得することなります。

また、税務署にも連絡が伝わるようになっており、これによって相続が開始したことを税務署は知ることになります。

火葬

火葬許可申請書の提出も忘れずに

役所の方が教えてくれますので、忘れることはないと思われますが、死亡届の提出の際には、「火葬許可申請書」の提出も忘れないようにしましょう。

提出をしないと火葬をすることができませんので、重要な手続きになります。

まとめ

死亡届の提出は、火葬許可の申請と合わせて葬儀社が代行で提出してくれることが多いので、葬儀の担当者に一度確認してみるとよいでしょう。

もし、代行してくれないという場合は、上記の通りの場所や手順によって申請が可能ですので、ご参考になさってください。

次は、死亡届と一緒に提出する「火葬許可申請書」についての説明になります。

遺産相続・遺言書の作成のことなら
当事務所にご相談ください

 

遺産相続や遺言書の作成に関するお悩みを解決する当事務所は、

ご相談者様のお話をじっくりと聞かせていただき、状況に応じて提携している弁護士、司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、不動産業者など、相続や遺言の手続きに特化した専門家との連携により、お困りの相続手続を一元的にサポートさせていただきます。

365日無料で訪問相談させていただいております。

交通費や相談料はいただくことはございませんのでご安心ください。

無料相談のご予約やお問い合わせは下記の電話番号またはメールにてお願いいたします。

お電話でのお問合せはこちら(年中対応)

042-307-3807

友だち追加をクリックでLINEでもお問い合わせができます

友だち追加

受付時間: 9:00~19:00

定休日 : 土日祝日(事前予約があれば対応可)
多摩地域全域無料出張可能(多摩市・日野市・昭島市・八王子市等)

上記以外の地域の方も受け付けております。

・お問合せは365日受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問合せ・無料相談

お気軽にお問合せください
(年中対応)

042-307-3807

相続のことならどんなことでも、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

友だち追加をクリックでLINEでもお問い合わせができます

友だち追加

メニュー

代表者プロフィール

星 雅彦
資格
  • 行政書士
  • 宅地建物取引士

お客さまに「頼んでよかった」「相談して安心した」と言っていただけるように誠心誠意サポートさせていただきます。
相続に関するご不明点ございましたらお気軽にご連絡ください。

ご連絡先はこちら

スター相続相談所の連絡先

スター相続相談所

お電話でのお問合せはこちら
(年中対応)

042-307-3807
042-633-4982

友だち追加をクリックでLINEでもお問い合わせができます

友だち追加
住所

〒206-0011
東京都多摩市関戸3-6-14-202

出張訪問可能地域

多摩全域(日野市・昭島市・八王子市等)